活性酸素とSOD

04

本来は人体を守り、健康に欠かせない”活性酸素
今では、すっかり「悪玉」のイメージが定着した活性酸素
本来は人間が健康でいるためになくてはならないものです。しかし、それが増えすぎると細胞にダメージを与えてしまうことがわかってきました。まずは、その活性酸素について話を進めていきましょう。

活性酸素は、一言で言えば、非常に攻撃性の高い酸素ということになります。
たとえば、天気のいい日にふとんを干すのは、ふとんをふかふかにする目的もありますが、ダニや細菌を日光で殺してしまう事も重要な目的です。
この殺虫と殺菌作用に活性酸素が関係しているのです。
同様に地球全体も紫外線によって消毒されています。紫外線は地上の物質に照射すると強烈な活性酸素を発生させ、この活性酸素がダニや細菌、かびなどを死滅させます。

05

ただ、最近はオゾン層の破壊によって必要以上の紫外線が降り注いでいるため、過剰に発生した活性酸素によって人間の細胞が傷つけられ、それが皮膚ガンなどの原因として指摘されています。

人間の体内でも、活性酸素は活躍しています。
細菌やウイルスなどが人体に侵入してきたとき、体内ではそれらを排除しようとマクロファージや好中球と呼ばれる食細胞が異物の侵入部位に集まり、異物を食べてしまいます。
そしてこの異物を溶かして排せつするために、食細胞の中では活性酸素が作られると言われています。

つまり、活性酸素によって人体は異物から守られているのです。

07

生活環境の激変で過剰に発生し”悪役”に
ところが、過剰な活性酸素は人体にとって有害になります。本来、異物を攻撃する活性酸素ですが、多すぎると食細胞にまで攻撃を仕掛け細胞に傷をつけてしまいます。それがガンをはじめとする生活習慣病の一因になると考えられています。

では、なぜ過剰だと有害な活性酸素が作られるのだろうか?
その原因は、文明とともに私たちの生活環境の激変が有害な活性酸素を製造しました。
工場のばい煙、車の排気ガス、たばこの煙、農薬や殺虫剤、化学添加物、化学薬品など、現代の生活環境は、体内で活性酸素を大量に発生させる元凶とも言えます。

そもそも、農薬でなぜ虫が死ぬのか?(人間でも死んでしまうほどの劇薬も多い)
たとえばパラコートという除草剤なら、虫や人間の体に入ると肺で大量の活性酸素を作り、肺を硬化させます。 パラコートよりもずっと弱い農薬であっても、少しずつ体内に蓄積されていき、断続的に活性酸素の害を受けてしまう。結果的に大量の活性酸素を発生させたと同じことで、発ガンや奇形の原因になります。

08

また、抗ガン剤のなかでも、活性酸素によってガン細胞を殺そうというものがあります。
丹羽靱負博士が健康講演のスピーチで「活性酸素によってガン細胞を叩くことは可能だが、ガン細胞より正常細胞の方がはるかに弱く先にダメージを受け、その結果、ひどい副作用に苦しむ」という話をよくされていました。

このことは、大量に発生した活性酸素が副作用の原因だということです。

私たちを取り巻く生活環境は、まさに活性酸素過剰の時代と言っても過言ではない。
本来は人体を守るために存在していた活性酸素ですが、まるで反乱を起こしてでもいるかのように暴れまわっている。
何とかこれをなだめなければならない

そのカギになるのが今回のテーマ「SOD様抗酸化食品」です。

13

「酵素:SOD」と活性酸素
SODとはスーパー・オキサイド・ディスムターゼの略です。舌をかみそうなややこしい名前ですが、私たちの体内で健康のバランスを保つのに非常に重要な酵素として、最近では医学界だけでなく、美容関連などでも注目されてきました。

このSODは私たちの体内で作られ、余分だと有害な活性酸素を強力に取り除く働きをします。
現代は、活性酸素過剰の時代と言われており、その過剰な分をすみやかに取り除くことが私たちの健康生活にとって、とても重要な課題になっています。
SODの活性力は20代から少しずつ弱まり、40歳を過ぎたころから、数は減りませんが力がグンと低下すると言われています。
その結果、過剰だと有害な活性酸素を取り除く力がなくなり、老化現象や生活習慣病の引き金になる可能性が非常に高くなると言われています。

また、人それぞれの個人差があり、SODの産生能力も違う事が分かってきました。

01

例えば、喫煙により血液内に活性酸素が発生することはすでに明らかにされていますが、多くの方は体内で産生する「SOD」がその活性酸素を取り除きます。

しかし、100人に5人位の割合で、SODの力が弱く、うまく活性酸素を取り除けない人もいます。
その場合、もろに活性酸素に細胞が攻撃され、ガンになる可能性も高くなります。

当然、喫煙による害がそれだけではありません。
しかし、いくらたばこを吸っても健康で丈夫な人もいる。
そうした人は、「SOD活性が高い」と言う事になります。
SOD活性が高い人は、同じ年齢の人と比較しても若く見え、疲労の回復も早く、病気にもなりにくい体質と思われます。

SODは、私たちの体の中で非常に大切な働きをする酵素ということです。
地球的な環境破壊や生活習慣で増え続ける、過剰だと有害な活性酸素
活性酸素対策」それが、私たちの健康生活のキーワードです。

11

いち早く、この「SOD」のピンチに立ちあがったのが、活性酸素とSODの研究では国際的に活躍されている、土佐清水病院院長である丹羽靱負博士です。
博士はSODを強化することによってガンを予防し、生活習慣病にならない体質作りと治療までしてしまうという考えがあります。

丹羽博士がなぜ、「活性酸素とSOD」の研究に没頭したか、ご紹介いたします。

「SOD様抗酸化食品の研究開発」のコラムへ

カテゴリー: コラム タグ: , , , パーマリンク