さわやかな秋の到来

会員の皆様、いつもお世話になっております。TIGER事務局長の小林千春です。
過ごしやすい季節がやってまいりましたね。
店先には秋の味覚が並び、『食欲の秋』真っ盛り。
美味しい食べ物でお腹いっぱいになったら、さわやかな空気を吸いに、外に出掛けましょう。
『運動の秋』の到来です。

運動にはたくさんのメリットがあります。
心拍数が上がることで、新陳代謝が活発になり、身体が燃焼系に骨や筋肉にも適度な刺激がくわえられ、骨は丈夫に、筋肉は強くなります。
すこやかな毎日を過ごすために、運動習慣は大切ですね。

ただし、何事もやり過ぎには『落とし穴』があります。
身体に摂りこまれた酸素の約2%が、身体を酸化させてしまう『活性酸素』になります。
と言う事は・・・運動によって呼吸量が増えると、普段よりも沢山、活性酸素ができてしまうのです。
活性酸素は、本来、身体に入ってきた菌やウイルスを撃退するのに必要な物質です。
普段から運動習慣のある人達は免疫力が高く風邪を引きにくいのは、活性酸素がちゃんと仕事をしているのも理由のひとつです。
健康を目的に運動をしている私達としては、適度に体温が上がり、息が切れない、ウォーキングなどの軽い運動が適していると思います。
そして、運動の後には、十分な睡眠・休息と緑黄色野菜の多い食事を摂り、SODやルイボスティーで補いながら、活性酸素に負けない生活を心掛けましょう。

TIGER事務局では、朝礼の前にラジオ体操を習慣にしています。
始めた頃はみんな戸惑っていましたが、今では頭も身体もスッキリとさせて、仕事に取り掛かれています。
ラジオ体操、オススメです。

TIGERの地元静岡も、これから紅葉に色付く季節となってまいります。
あざやかな秋の景色を楽しみましょう。

会員の皆様から頂きましたご質問への返信をご紹介させて頂きます。

●丹羽博士の開発した『D・D・S』について、教えて下さい。
ニワナ-106とバランサーは、両方とも活性酸素対応のSOD様抗酸化食品です。

ニワナ-106は、活性酸素とSODの世界的権威、丹羽靱負博士が開発したDDS製法を用いることで、大豆・はとむぎ・ゴマ等の食品に含まれる抗酸化物質が体内で活性酸素を消去できるようにされています。
土佐清水病院でも治療の基本として処方されており、臨床データが学会でも報告されています。

ただ、お客様より「味が苦手で食べにくい」「子供が食べてくれない」とのお声を頂き、学会の研究者の紹介で出会った株式会社東洋発酵と、共同開発した商品がバランサーです。
バランサーは飲みやすい液体のSOD様抗酸化食品で、こちらも成分を低分子にすることで、腸管から直接吸収され、体内で発生した活性酸素に対抗する事ができます。

SODのチカラはニワナ-106が高く、臨床データもしっかり揃っています。
しかし、ニワナ-106が飲めない方には、飲みやすい液体SOD様抗酸化食品のバランサーをお勧めしております。

●なぜ、妊娠中や授乳中にカフェインは良くないのですか?
妊娠中は胎盤を通してお母さんと赤ちゃんは繋がっていて、お母さんが摂ったカフェインも、赤ちゃんに直接送り届けられてしまいます。
お母さんには普通の量でも、まだ内臓が出来上がっていない赤ちゃんの身体にはとても負担がかかると言われています。

授乳の際は母乳からカフェインが赤ちゃんに行ってしまいます。消化器系のまだ未熟な赤ちゃんはカフェインを分解するのに大人よりも時間がかかり、約3日かけて消化するとも言われています。
カフェインには興奮状態にする作用があり、赤ちゃんの寝付きが悪くなったり、不機嫌で感情の起伏が激しくなったり、落ち着きが無くなってしまう事もあるそうです。

ルイボスティーは、カフェインが一切含まれていないので、妊娠中や授乳中のお母さんが、お友達にも勧められるほど気に入って頂いております。

TIGER製品ご愛用者様からの嬉しいお便りをご紹介します。

いつも心温まるお便り、ありがとうございます。私たちこだわりの製品が皆様に喜ばれ、とてもうれしいです。
今回はニワナ-106、ルイボスTX、ルイボスティーのご愛用者様6名様から頂きましたお便りをご紹介させていただきます。

ニワナ・TX・ルイボスご愛用の天野様(静岡県)

プレミアムルイボスティーご愛用の佐々木様(愛知県)

生葉ルイボスティーをご愛用の森信様(東京都)

生葉ルイボスティーをご愛用の柴田様(神奈川県)

プレミアムルイボスティーご愛用の林様(岡山県)

プレミアムルイボスティーご愛用の藤井様(東京都)

カテゴリー: すこやか通信 パーマリンク