健康的なリフレッシュ習慣で、ストレスと上手に付き合う

新緑の季節、到来。
皆様、お世話になっております。事務局長の小林千春です。
街路樹が芽吹き始め、若葉が美しい新鮮な季節がやってきました。

新年度がスタートして、環境に変化があった方もいらっしゃるのではないでしょうか。
良い変化は大歓迎なのですが、なかにはストレス源になってしまう変化も・・・・・。
心と体は密接にかかわっているので、ストレスは万病の元と言っても過言ではないでしょう。

本当はストレスの原因から離れる事が良いのですが、「そうは言っても・・・」なかなか難しいかと思います。
私達の身体にはストレス抑制ホルモン『セロトニン』があり、健康的なリフレッシュ習慣によって活発になると言われています。


朝日を浴びてリフレッシュ

『セロトニン』の分泌を促すリフレッシュ習慣
● 朝の日差しを浴びる
● ウォーキングなどの軽い運動
● 腹式で深呼吸
● 気の合う仲間と笑う
● 良い映画を観て感動する

また、強いストレスをうけると、セロトニンが減少するだけでなく、老化や病気の原因『活性酸素』が大量に発生してしまいますので、抗酸化食品も積極的に摂りましょう。

ルイボスティーには鎮静(イライラなどを落ち着ける)作用があることが知られています。
1日の終わりのリラックス・タイムに、温かいルイボスティーが心と体にしみわたります。

新緑の季節、暖かな日差しのもと、爽やかな毎日を過ごしましょう。

TIGER製品ご愛用者様からの嬉しいお便りをご紹介します。

いつも心温まるお便り、ありがとうございます。私たちこだわりの製品が皆様に喜ばれ、とてもうれしいです。
今回はニワナ-106、ルイボスティーのご愛用者様6名様から頂きましたお便りをご紹介させていただきます。

ニワナ-106をご愛用の中村様(静岡県)

プレミアム ルイボスティーご愛用の宮内様(静岡県)

プレミアム ルイボスティーご愛用の浜辺様(鹿児島県)

プレミアム ルイボスティーご愛用の水谷様(大阪府)

プレミアム ルイボスティーご愛用の敦賀様(茨城県)

生葉ルイボスティーをご愛用の八田様(兵庫県)

生葉ルイボスティーご愛用の渡邊様(神奈川県)

会員の皆様から頂きましたご質問への返信をご紹介させて頂きます。

ルイボスティーは煮出さないと効果が半減するのでしょうか?
ルイボスティーがテレビで紹介されてから、同様のご質問を多数いただいております。
ルイボスティーの有用成分「フラボノイド」は熱いお湯の方が良く溶けだすため、煮出すことによってフラボノイドを沢山抽出できれば、その分濃くなりますので、効果も高くなります。
TIGERのルイボスティーは、自社工場でエキスが出やすいようにじっくり遠赤焙煎をしてありますので、より濃いルイボスティーを淹れる事ができます。

ニワナ-106は子供に食べさせても大丈夫ですか?
ニワナ-106は食事の延長ですので、離乳食を始められたお子様でしたら食べさせても問題ありません。
1包を3回に分けて、まだ小さいお子様の場合はお米などに混ぜると食べさせやすいかと思います。
ニワナ-106には抹茶も含まれておりますので、寝付きが苦手なお子様の場合は、朝食・昼食・オヤツと一緒が良いかと思います。
また、原材料に大豆等を使用しておりますので、食物アレルギーのあるお子様へ食べさせられる場合は、下記の原材料をご確認ください。

ニワナ-106の原材料
胚芽、大豆、糠、はと麦、小麦、ごま油、ゆず果汁、抹茶、杜仲茶、ゴマ、麹
※人口着色料・保存料など一切使用されておりません。

ニワナ-106にはなぜ麹(こうじ)が入っているのですか?
アレルギー症状をもつ患者さんの腸内は、悪玉菌が優勢になっていたとの研究データがでています。
開発者の丹羽靭負博士は、腸内環境の重要性にも着目しており、腸内の善玉菌を増やす効果のある麹も、ニワナ-106の原料の1つとして配合しています。
ニワナ-106は発酵食品で善玉菌も含有しています。ペースト状の原材料をサラサラにする工程で、あえて低温でじっくり乾燥させることにより、善玉菌が生きたままスティック詰めされています。

 ●皆様からのお問い合わせ、お待ちしてます。tel:0120-593-222(9:30~17:30 土日祝を除く)

カテゴリー: すこやか通信 パーマリンク