すこやかに梅雨を過ごされるために

街角の紫陽花
皆様、お世話になっております。事務局長の小林千春です。
新緑の街角では、紫陽花が色づきはじめ、梅雨の季節であることを教えているようです。
うっとうしい梅雨ではありますが、紫陽花には癒されます。

さて、梅雨がスタートいたしました。
洗濯物の心配をしている私達ですが、梅雨の間に雨が少ないと、夏の水不足や秋の不作につながってしまいます。
植物にとって梅雨は恵みなんですね。
ただこの時季、晴れた日と雨の日では、温度差が激しくなります。
また、クーラーの出番も多くなってきますので、私達の自律神経は体温調節に大忙し。
夏バテで体調を崩さないよう、食事のバランスに気を付け、プラスして、十分な睡眠や適度の運動、ストレスを溜めない『抗酸化生活』で、免疫力をグングンと高めましょう。

汗をかく季節は、身体の水分も奪われがちです。
ミネラルたっぷり、紫外線から身体を守ってくれる『抗酸化力』が高いルイボスティーは、夏の水分補給に最適です。
カフェインは一切含まれていないので、妊娠中の方や小さなお子様でも安心してお飲みいただけます。

ルイボスティーをお供に、太陽の季節を満喫しましょう。

TIGER製品ご愛用者様からの嬉しいお便りをご紹介します。

いつも心温まるお便り、ありがとうございます。私たちこだわりの製品が皆様に喜ばれ、とてもうれしいです。
今回はニワナ-106、クリアランス、ルイボスティーのご愛用者様2名様から頂きましたお便りをご紹介させていただきます。

ニワナ-106・クリアランスをご愛用の川村様(静岡県)

プレミアム ルイボスティーご愛用の北本様(大阪府)

会員の皆様から頂きましたご質問への返信をご紹介させて頂きます。

ニワナ-106を毎日食べているのですが、今回、病院から薬が処方されました。
一緒に飲んでも大丈夫ですか?

ニワナ-106は、食事の延長線ですので、薬と一緒に飲んでも基本的に問題ありません。ただ、薬によっては食品との食べ合わせ等がございますので、かかりつけ医師にご相談下さい。病院関係者にお渡しできるよう、医科向け資料をご用意しております。ご入り用の際はお申し付けください。

ニワナ-106を飲むと、胃の調子が悪くなるのですが、良い方法はありますか?
ニワナ-106は乾燥粉末の為、胃に入ると胃液の水分を吸って胃液が濃くなってしまい、胸やけのような症状が出る事がございます。
そのような方は、空腹時を避け、食後にお水やお茶と共に、ニワナ-106を服用される事をお勧めします。
良く噛んでいただくと、より効果的です。

ルイボスティーの袋がふくらんでいる時と、ふくらんでいない時があるのですが、どうしてですか?
TIGERのルイボスティーは新鮮な風味を保つために、ティーバッグや茶葉を詰めた後、袋の中の空気を一度全て抜き、酸化の原因となる酸素や浮遊物を取り除いたクリーン・エアを注入する『フレッシュ・キープ製法』をしています。
このクリーン・エアを注入する量は、機械のどこに(中央や隅など)袋がセットされるかによって変わってしまいます。
真空パックのようにカチコチでなければ、クリーン・エアが十分注入されていますので、ご安心ください。

 ●皆様からのお問い合わせ、お待ちしてます。tel:0120-593-222(9:30~17:30 土日祝を除く)

カテゴリー: すこやか通信 パーマリンク