待ちに待った春。冬モードから春モードへ。


満開の河津桜

暖かな春の訪れ
皆様、お世話になっております。事務局長の小林千春です。
待ちに待った春。暖かい気候は気持ちも前向きにさせてくれます。
ココロもカラダも動き出したくなる季節到来ですね。
しかし、なぜか気持ちの浮き沈みが激しく、体調がいまいちすぐれない方も・・・。
それはカラダが冬眠した「省エネ冬モード」のままだから、かもしれません。
冬のあいだ、カラダは熱を逃がさないよう、筋肉は緊張しカラダは縮こまってしまいます。
そして暖かな春の訪れを感じると、つぼみから花が開くように、カラダがほどけていきます。
その激しい変化に、カラダはかなりのエネルギーを必要とします。
初春は1年の中で最もカラダの変動が激しい時期とも言えるのです。
爽やかに春を迎えるための4つのポイントをご紹介いたします。

①深呼吸とストレッチでカラダのコリをほぐしましょう。
カラダがエネルギーを作るのに、呼吸はとても大切です。
首や胸を中心に、凝り固まった筋肉をストレッチなどで和らげ、胸いっぱいに新鮮な春の空気を取り込みましょう。

②規則正しい生活を心がけましょう。
春になるにつれて、日照時間が長くなっていきます。
日照時間の変化から、体内時計のバランスが崩れやすくなります。
規則正しい生活を心がけ、なるべく日光に当たる時間を増やしましょう。
日光に当たるとストレス抑制ホルモン「セロトニン」が分泌され、カラダもココロもリフレッシュされます。

③季節の野菜を積極的に摂りましょう。
冬の間にエネルギーを溜めこんだ春野菜は、解毒作用が高いと言われています。
春野菜を献立の1つに加えてみてはいかがでしょうか。

積極的に摂りたい春野菜
ふきのとう、菜の花、 筍、春キャベツ、新玉ねぎ

④免疫力を高めましょう。
冬から春にかけて、カラダにはとても負担がかかっており、体調を崩しやすい時季です。
【抗酸化生活】を心掛け、免疫力をグングンと高めましょう。

抗酸化生活のポイント
・十分な睡眠
・バランスの良い食事
・適度な運動
・ストレス発散
・抗酸化食品を摂取する

暖かい春はすぐそこまで来ています。体調を整え、心躍る春を満喫しましょう。

TIGER製品ご愛用者様からの嬉しいお便りをご紹介します。

心温まるお便りありがとうございます。
ニワナ-106、ルイボスTX、ルイボスティーを愛飲されております7名様から届きましたお便りをご紹介させていただきます。
今後ともご支援ご声援のほど、よろしくお願いいたします。

ニワナ-106、ルイボスTXをご愛用の天野様(静岡県)

TX、生葉ルイボスティーをご愛用の川原様(静岡県)

プレミアム・ルイボスティーご愛用の黒木様(大阪府)

生葉ルイボスティーをご愛用の関様(埼玉県)

プレミアム・ルイボスティーご愛用の大津様(福岡県)

プレミアム・ルイボスティーご愛用の坂口様(神奈川県)

プレミアム・ルイボスティーご愛用の井上様(大分県)

会員の皆様から頂きましたご質問への返信をご紹介させて頂きます。

TXカプセルとTXパウダーの違いをおしえて下さい。
TXカプセル・TXパウダー共に、丹羽靱負博士が開発された【D・D・S製法】でルイボスティーから抽出されたエキス末を100%使用した製品です。
TXカプセルは、添加物を一切使用せず、ゆっくり時間をかけ1粒1粒カプセル充填しました。安心安全な植物由来のカプセルを採用。小さなお子様でも飲みやすいよう、小さめのカプセルとしました。
TXパウダーは、大量にTXを飲みたいアレルギー患者様の為の、抽出エキス100%を袋に詰めた製品です。

TXカプセルは、添加物を一切使用せず、ゆっくり時間をかけ1粒1粒カプセル充填しました。安心安全な植物由来のカプセルを採用。お子様でも飲みやすいよう、小さめのカプセルとしました。

TXパウダーは、大量にTXを飲みたいアレルギー患者様の為の、抽出エキス100%を袋に詰めた製品です。

ルイボスティーにデトックス作用はありますか?
ルイボスティーに含まれている『アスパラチン』は腎臓の働きを助ける作用があります。腎臓は私達の身体に溜まった毒素を排泄する大切な臓器で、ルイボスティーは身体がデトックスするのを助けてくれます。
ルイボスティーにプラスして、有機・無農薬など良質な食品にこだわり、サウナや酵素風呂などを利用して、毒素が溜まらないようにされてみてはいかがでしょうか?

ルイボスティーは子供に飲ませても大丈夫ですか?
ルイボスティーは『カフェイン』が一切含まれていないので、お子様に飲ませても大丈夫です。
私達のルイボスティーは、オーガニック(無農薬・有機栽培)茶葉のみを使用して、オーガニック認定を取得した自社工場にて、衛生管理にこだわり、1つ1つ丁寧に製造しております。
ルイボスティーには保存料が入っておりませんので、常温での保管には向いておりません。ルイボスティーをまとめて淹れたら冷蔵庫で冷やして、または電気ポットで保温して保管してください。
小さなお子様に飲ませる場合は、冷蔵庫で保存していたルイボスティーとお湯(80℃)を1対1で薄めて与えて下さい。

 ●皆様からのお問い合わせ、お待ちしてます。tel:0120-593-222(9:30~17:30 土日祝を除く)

カテゴリー: すこやか通信 パーマリンク