成長ホルモン分泌を促進、マカに含まれる『BGS』

世界が注目、ペルー生まれのマカ

マカは南米アンデス地方のペルーで生育・栽培されているアブラナ科の球根野菜です。
海抜4,000メートル前後のアンデス山脈では、日中は太陽がサンサンと降り注ぎ、夜は気温が零下にまで下がるという厳しい気象条件。
そんな厳しい大自然の中、マカはその過酷な環境を生き抜くために、土壌の栄養をググッと吸収しながら逞しく育ちます。

マカの蕪
収穫されたばかりのマカ

マカの栄養成分としては炭水化物、プロテイン、植物繊維、脂肪などがあり、大量の必須アミノ酸をはじめ、鉄分、カルシウム、リノール酸、バルミチン酸、オレイン酸といった脂肪酸、さらにステロールも豊富に含んでいます。
なかでもアミノ酸のバランスに優れており、体内に必要なアミノ酸がほとんど含まれています。
こうした栄養素に加えて特殊成分のベンジルグルコシノレート、アルカロイド、ステロイド、トリテルペン、フラボノイド、タンニン、サポニン等も含有しています。まさに完全栄養食と言えるでしょう。

現地では滋養強壮のための民間薬として使われてきた歴史があり、ぺルーの薬用ニンジンともアンデスの薬用ニンジンとも呼ばれ、その成分や効果は朝鮮ニンジンをしのぐとも言われているのです。

カラダの変化はなぜ起こる ?

若い頃は、少しくらい夜更かししても、お肌はピッカピカ。活力がみなぎり、『その気になれば何でもできる!』と思えていた。
しかし、時計の針が右回りを繰り返していくうちに、様々な身体の変化が訪れる。
「最近、年齢を感じるようになってきたな・・・」

年齢と共に減少する、成長ホルモン分泌量

173人に対する調査結果 抗加齢医学入門(慶應義塾大学出版会)より

近年、年齢による身体の変化の要因の1つとして、『成長ホルモン』が深くかかわっていることが、解明されてきました。
成長ホルモンとは、人間の生命活動の中で最も重要なホルモンのひとつで、皮膚や筋肉、骨、血管など、全ての細胞の成長や新陳代謝をコントロールしています。

成長ホルモンは成長期に多く分泌され発育を促すことで知られていますが、じつは、大人になってからも分泌され、私達が若々しくあり続けるのに、なくてはならないホルモン。

ただし、成長期をピークに分泌量は減少し、年齢を重ねるとともに、量が少しずつ減ってしまうのです。
キレイに年齢を重ねていくために、『成長ホルモン』は大事なキーポイントなのです。

成長ホルモンによる様々な作用

 

bgs_setsumei_003

エイジング・コントロール素材として、今注目の『BGS』

皆様、『マカ』と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか?
『マカ? 男性が飲むサプリでしょ。』と回答される方々も沢山いらっしゃると思います。

たしかに、マカには持久力の改善も期待されていますが、それはマカの素晴らしい作用のほんの一部でしかありません。
最近になって、マカが再度注目を集めたのは、マカの根に多く含まれている『BGS』と言う成分に、『ホルモンバランスを整える』作用が確認されたからです。

私達が若々しくあり続けるキーポイント、成長ホルモンの分泌量に与える作用について、嬉しいデータが発表されました。

マカエキスによる、成長ホルモン分泌の増加

 

ラットを6匹のグループに分け、食事にマカエキスを0.5%、5%混ぜ、血漿中の成長ホルモン濃度を調べました。
マカエキスを加えていない対照群に対して、マカエキスを与えたラットに、優位な成長ホルモン分泌の増加が確認されました。

 

研究により、様々な作用が確認されています。

マカエキスで、疲れにくいカタダへ

食事にマカエキスを6mg/kg、30mg/kg混ぜて与えました。
ラットを泳がせ、疲れて泳げなくなるまでの時間を測定。
マカエキスを摂取した群に、持久力の向上が確認されました。

マカエキスで、太りにくいカラダへ

ラットに通常食と高脂肪食を与え、高脂肪食群に更にマカエキスを混ぜ、
体重の推移を測定。マカエキスを摂取することで、高脂肪食を摂取しての、
体重の増加を抑制する作用が確認されました。

この他にも、血清総コレステロールの低下、受精率の向上、健康的な胎児の発育、更年期障害の緩和、閉経後の女性の女性ホルモン(エストラジオール・プロゲステロン)の増加、など、様々な研究データが報告されています。

maca_side

安心・安全

マカの素晴らしい作用に加えて、とても大切な要素があります。
それは、マカは安心安全な自然の生薬だと言う事です。
マカエキスは急性毒性検査に加え、慢性投与安全性試験においても、
安全であることが確認されています。

さあ、はじめましょう!
マカから抽出された『BGS』が、あなたの若々しい、アクティブな毎日をサポートします。

マカより『BGS』を高濃度で抽出したエキスを、ふんだんに使用した
『濃縮マカエキス』の商品情報はこちら。

カテゴリー: コラム タグ: , , パーマリンク